HOME > Chapter04 日東紙工株式会社の工場見学 > Proccess03印刷工程

 
 
1号機 
小森製 菊全UV2色機  リスロン40
紙寸法 350×520 ~ 730×1020 
紙厚0.1~0.6まで2号機 
小森製 菊半4色機 スプリント25
紙寸法 270×390 ~ 475×650 
紙厚0.05~0.5まで
               
 
菊全はUV印刷機ですので、スプレー粉を使いたくない印刷物や2回通しのベタ刷時に便利です。そして、UVの速乾性のおかげで印刷後すぐに次工程で作業ができますので、短納期実現に役立っています。また小ロットであれば菊半4色機を使用することで、半分面付で木型も刷版もインキ代も低コストに抑えることができます。
 

この工程の流れ(印刷)

 
Step01. 受入確認
用紙と原稿の確認と共に、刷版に異常がないかも、加工指図書に従って受入検査をいたします。
Step02. インキ調合
特色印刷であればインキを練ります。インキメーカーに手配するか、3k程度までの少量であれば弊社の調色機で作ります。2回目以降はデータが残っていますので、前回通りの色が作れます。
Step03. 刷版取付
印刷物に応じて最適な刷り順を決め、刷版をきずつけないよう、慎重に印刷機に取り付けます。
Step04. セッティング
用紙サイズに合わせて、給紙側、排紙側の調整し、印刷内容に応じてインキ量を調整します。
Step05. 刷り出し確認
最初の刷り出しで、印刷クワエ、針元寸法の調整、見当、色味の調整をし、キズや汚れがないか、UVであればインキ密着はしているかを確認します。
Step06. 本刷り
工程検査の資格を持つ第三者に刷り上りを確認してもらい、OKが出れば本刷りの開始です。
Step07. 抜き取り確認
6000枚~10000枚/時の早さで刷り上っていきますが、途中不具合が出ていないか抜き取り検査をしていき、工程検査表に記録を残していきます。
 

入社当時は打抜き機の担当でしたが、平成18年から印刷機も担当するようになりました。菊全UV2色機を自分の手のように使いこなし、惚れ惚れするような印刷物を仕上げることが私の仕事です。

印刷・抜きと2工程をマスターしたことで紙器製造の楽しさが2倍に増しました。今は特色練りを渡辺師匠から伝授してもらっています。これができるようになったら3倍です。
   

菊半4色機で主にマッチのシート印刷、ティッシュのラベル印刷をしています。職人技術と品質管理の融合させ、印刷オペレーターのプロフェッショナルを目指すのが私の仕事です。

渡辺師匠のような印刷のプロを目指して毎日特色練りを継続しています。千里の道も一歩から。なんどもなんども繰り返して、必ず到達します!
   

日東紙工の創業当時に高卒で入社した、超がつくほどのベテランです。各現場の若い衆たちが機械を自分で使いこなせるよう導くのが私の仕事です。

40年近く印刷に携わっていても、まだまだうまくいかないことが多くあるくらい印刷は奥が深い。その分、やり甲斐をもって上手くなるよう、日々努力することが大切やね。
               
 
整理整頓はものづくりの基本です。仕事をやり易くする環境を整えて備えるために、環境整備という活動を全ての事業活動の原点としています。当社は環境整備を柱に、しっかりと改善と小さな変化を積み重ね、社員の価値観を共有するためにさまざまな社内活動に取り組んでいます。
各工程での担当者及び第三者の加工開始前確認や加工中の抜き取り確認など品質チェック体制を確立し、品質に問題がないか、汚れやキズはないかなどの検査を徹底しています。私たちは品質にこだわり、お客さまの期待通りの製品を作ることに、時間と手間を惜しみません。
私たちは納期はお客さまとの約束だと捉えています。全工程を自社内で行う完全一貫体制の中、移動ロスのない仕事運びで、工程間の情報交換を密にしながら連係プレーで効率よく製品加工を行っています。納期遅延で約束を破っては信頼は得られないと考えています。
私たちは全員が複数の機械操作や役割を受け持ち、一人二役、三役と多能工化を進めています。人員のムダをなくし、最小限の人数で作業効率を上げ、仕事の環境整備を進めて徹底したムダ取りをしていった結果、短納期の実現と同時に、大きなコスト削減を可能にしました。
私たちはお客さまのお役に立ちたいと考えています。短納期や難易度の高い製品などを頼まれると、全員で一致団結して、何とかその製品をお客様との約束通りに仕上げます。そしてお客さまから「助かったよ、ありがとう」と感謝の言葉をいただくことが最高の喜びです。
 
             
     
 
〒672-8064 兵庫県姫路市東山2-3
Tel.079-246-3181 Fax.079-246-1582
Mail.info@nitto-sha.co.jp
Copyright © 2009 Nittoshiko Inc.. All rights reserved.