社内での取り組み

環境整備

製造業において、良い製品を素早く、安定して製造するためには現場の5Sの徹底が大事。 日東紙工では、5Sの徹底を全社員一丸となって取り組んでおり、その活動を「環境整備」 と呼んでいます。 その「環境整備」のベースとなるのが、毎朝始業直後に全員で行う10分間の機械磨き。 この活動を続けて10年以上経ちますが、各機械は以前よりもきれいな状態を保ち続けてい ます。 そして、製造現場は2グループに分けられており、半年間の中期目標を立てながら「環境 整備」に取り組んでいます。大がかり過ぎてたじろぎそうな改善も、半年かけてなら、皆 と協力してなら、何とかなるものです。グループを引っ張るリーダーは大役ですが、半年 ごとに持ち回りでリーダーを代えながら、目標を再設定するため、全員で取り組む体制が できています。 また、毎月15日は「環境整備パトロール」と題し、社長自ら現場を巡り、5Sの不備を指摘 してまわります。指摘事項は写真にコメント付きで一覧表で張り出され、翌月のパトロー ルまでの改善事項となります。指摘事項が上がると、これまたグループで改善方法を協議 して、翌月は社長のOKが出るようにと皆で日々取り組んでいます。

パトロール実施記録
パトロール実施記録

サンクスカード

日東紙工では会社と社員とのコミュニケーションツールとして、サンクスカードを使用しています。

これは・・・

サンクスカード